スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビオに何が起こったか?





















昨日朝から、友達が遊びに来てくれたので、お迎えに駅まで向かいました。

しかし、びっくり!!この有様。。。

何事??

バタバタしてたので、とりあえず、乗り込み運転しようとしたとこ、

フロントも白い水玉が。。。

うっ! 

なんとか、ワイパーで汚れを落とし、ダッシュでお迎えに。

友達に

「糞が降ってきたみたい。。。ごめんね!!!!」

初めてビビオに乗ってもらったのに、なんてこったいです。

とりあえず、洗車に行く前に記念撮影。

駐車場には、電線もないし、おかしいな。。しかも他の人の車より

ビビオが集中攻撃ともとれる汚れ様。

一体何が??

 

幸運にも今朝は大丈夫でした。明日は、ビビオ大丈夫かなぁ。。

スポンサーサイト

二つの信号

久しぶりに長距離を運転した。

あまり走らない道だがなかなかスムーズに運転できているかな~

と思っていた。が、しかし、

最後の帰り道になって、山道っぽい1車線が続いていた。

注意して走っていたつもりだったが、ちょっと疲れも出ていたのかも。

 

赤信号。止まる予定だった。

しかし、気づいたら三叉路の真ん中にいた。

あれれれ??

隣の教官は、突然びっくりして

「赤よ赤!!」

と言っている。うん、赤だけど~

どんどん前の車も行ってしまって、停止線も消えかかっていた。

どれが停止線かわからず、真ん中にいたのだ。

もう止まるわけにもいかず、前進。

横断歩道には、チャリのおじいちゃん。

(何で止まらないんだ???)

という顔でこっちを見ている。。。

(ごめんなさいいいいいいい!!)

 

どうも私は目の前の信号しか見ていないみたい。

停止線というのは、反対車線の信号機のついているところにあるようで、

これまでずっと、それを見落としていたようだ。

 

教官から、またもやゲンコツが飛んできた。

「だって、知らない道だもん。。。」

「停止線がわからなかったもん。。」

「止まるつもりだったもん。。。」

と言い訳したが、

「知らない道だったら、信号無視していいのか?!」

と倍返しされ、反省するのみである。

信号を甘くみていた。色々な信号がある。

特に初めての道、慣れない場所は、もっと気を付けよう!

バスからのお礼

今日は、また隣の隣町までビビオで。

前回のように、線路に挟まれないぞ!!(当たり前)

と厳重注意を頭において。

今日は、無事に用事を済ますことができました(^^♪

 

家に戻って、教官をお迎えに。

坂道にバスが停車中。もうすぐ発車するかな~と減速して、

止まってみました。バスがゆっくりと前に進みました。

ホッとしていたところ、

前方から両ウィンカーががチカチカ。

(あっ!バスにお礼してもらっちゃった)

なんだか、たくさんの人からお礼言われた気分になって、とても嬉しかったです。

 

そして、今日の厳重注意事件発生!

坂道を降りてきて、左折する際の交差点でのこと。

道路は二車線。

私は、左折したあと、右側にある薬局へ行きたかったので、

奥側の車線に入るつもりでした。

(いつも、車線変更をなるべくしないですむように、行き先に近い方へ入ってます。)

しかし、左折して、奥側へ入ろうとしたとき、右折の車が来ました。

ちょっとお見合い状態。どうしよう~。でも私が左折だから早くいかなきゃ!

と思って、奥側へ入った直後、

隣の教官から、「右の車が来てるから、手前側に入って車線変更よ」

案の定、右折車(デリカ)は、さっそうとビビオを追いぬいていっちゃいました。。

(あっ、ムカつかれた。。)

譲り合いというか、安全な車線へ入る事。状況判断が不足してたなと反省。

 

そのおかげで、夜横断歩道を歩いている人がいたとき、臨機応変に

車線を選べたので、よかったなと思いました。

これまで、「この車線に入らなきゃ」と、決めて動いていたので、

1呼吸おいて、入れるタイミングをみないとダメだなと。

走るといろんなことが見えて来ます。面白いな。

 

 

 

溝まであと10cm?

久しぶりの日記になってしまった。

運転は相変わらずであるが(あまり上達せず。。)

日にちはどんどん過ぎていく。

 

今日は、近くのホームセンターに行った。

ちょっととめるところがなく、端の方にちょっと入れてみた。

なんと、溝まであと10cmのとこだった。

危ない~!

 

駐車が上達しないかな~と思うが、

ウマくいったり、いかなかったりする毎日である。

でも、ムラがあるということは、まだコツがつかめていないんだろうな~

最近乗る時間が減ってきてるので、もう少し行動範囲を広げてみよう!

 

踏み切り地獄

今日は、用事で隣の隣町まで行きました。

用事のあるところまでは、慣れたのですが、問題は帰り道。

この前ぐるぐる運転をしてから、帰る道をマスターしたのですが、

今日は友達と会う約束をして、ちょっと違ったルートへ。

 

友達は2度目の助手席。

土地勘があるので、案内してくれました。(ありがとう!)

問題は、またも違反。。

 

まず、1つめ

友達を下ろそうと左の車線変更をしたのはよかったのですが、

ちょっと手前すぎて、間違って左しかいけない道に入ってしまい、

それをぶっちぎって直進したこと。

2つめ-踏み切り-

スムーズに大通りを帰っていたが、

ちょっと行きたい道があって、右折してしまい、見当違いの場所に。

曲がって進み始めたら、どうも商店街っぽいところへ出ました。

よって、道は狭く、人は多く。。。ああ失敗。

と思いましたが、初めての道ってちょっと嬉しい。

練習、練習と思って運転していましたが、まず踏み切りが。

踏み切りをいつものようにして渡ろうとします。音はカンカン鳴っています。

車が進んで私の番に。音が鳴っている時って進んでいいんだっけ?

そう、思うもつかのま全然遮断機は降りてこず、後ろもつまっている。

行かないと!と進みでました。

その瞬間、遮断機が~!降りてきた~!

もう一目散に線路を横断しました。。バックミラーではすでに降りてました。

こわいよ~!!止まっておけばよかった。(当たり前)

帰ってきた教官に音が鳴ってるときに進んじゃいかんと

めちゃめちゃおこられ、もし、遮断機の中に挟まれたら→

遮断機を打ち破って進む事。

もし、脱輪して最悪の場合は→

発炎筒も間に合わないから、線路の一旦停止ボタンを押すように

と指導されました。

あうう。。。踏み切りをちょっとなめていたのかしら。今日は、この後二つも踏み切りを

渡るはめに。最後の踏み切りでは、あがったと思って余裕で渡ったら

その後すぐ遮断機が降りたので、めちゃめちゃビビリました。

しかも他の車は止まったままだし。

えええ~!渡ったらダメだったのかしら。。。

もう、くわばらくわばら状態で戻ってきた次第であります。

今日もお守りバッチリきいていたようです。合掌!

恐るべし矢印

今日はGW初めての雨。結構たくさん降りました。

今日は、久しぶりに恐るべし運転をしてしまいました。

それは、またしても信号無視。。。

緑の右折OKの矢印で赤信号。

これを黄色の段階で止まらず、

つっきってしまったのです。

 

実は私、右折はいいんだからまっすぐもいいだろう。

なんて、頭の片隅で思ってしまいました。

ところがどっこい!

突っ切った後で、隣の教官に

「矢印の意味わかってると?!」

と、久しぶりのゲンコツが。

「対向車がいなかったからよかったけど、反対車線から

右折してくる車がおったら、衝突してるよ」

私は自分に都合のよい解釈をしてしまったのです。

 

さらにもう一つ。

バスが人を下ろすために停車していました。

1車線。反対車線、車が来ていなかったので

どんどん前の車がバスを追い越しています。

私も大丈夫かな~と追い越し。しかし、ちょっと間に合わず

反対車線の車を止めてしまいました。。

(ちょっと止まってくれるかも)と甘い考えが

ごめんなさい!!

「だろう運転」になっていました。

「車が来るかもしれない」「信号が変わるかもしれない」

の「かもしれない」運転を今一度叩き込みです!

 

GWは近所でスピードの出しすぎで死亡事故がありました。

恐ろしい交通事故。少し慣れてきたかなと思っていたので、

気を引き締めて、もっとたくさん運転して行きたいです。

タイヤの空気圧


左前のタイヤの空気が抜けている

みたいといわれ、いつもの

ガソリンスタンドで空気圧を

計ってみました。

初めての車の空気入れ。

自転車しか入れたことないから、

車も空気、自分で入れれるんだ!

と感心。

はかりは、右のやつ。

自動車は赤メモリだといいみたい。

そんなに抜けてはなかったけど、

空気を入れてもらいました。

若干入れすぎ??



ビビオ自慢のホイールです(*^。^*)

丸っこくて白くて、かわいいな☆彡

 








 

プロフィール

ビビオさん

Author:ビビオさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。